コジメディア

ニュース・VIPなどなど管理人が気に入ったスレッドをまとめています。

  • Twitter
  • RSS

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: ファイナルカット(東日本)@無断転載は禁止 2016/07/29(金) 06:49:43.88 ID:1bjWeMwp0 BE:837857943-PLT(16930) ポイント特典
たばこメーカーの世界ランキング:海外攻めるJT、主戦場は「新興国」「電子」「大麻」

今年6月、マイクロソフトが大麻(マリファナ)ビジネスを支援すると報じられ、大きな話題になった。日本では信じがたいが、
欧州ではもともと一部の国で取引が制限されておらず、米国でも2014年から合法化を進める州が増えている
(マイクロソフトの本拠地のワシントン州では大麻は合法)。この動きの影響をもろに受けるのが「たばこ産業」だろう。世界のたばこ産業をリードしてきたのは、
インペリアル、フィリップ・モリス、日本たばこ産業(JT)といった日米欧の巨大たばこメーカーだ。しかし、健康志向の高まりや少子化などによって、
先進国のたばこ市場は縮小傾向にある。そのため、日米欧メーカーはこぞって、M&Aなどをテコに経営規模を拡大している。

http://www.sbbit.jp/article/cont1/32414

【わかばとかエコーって値段以外に好きで吸ってる人いるの?】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/07/26(火)23:04:20 ID:5z4
ある大物元プロ野球選手には、まことしやかに囁かれる都市伝説がある。それは、下半身の大事な部分が小さいという噂だ。
その選手はオールスターゲームの試合後選手がいっせいに入るとき、必ず下半身をタオルで隠していだのだという。
頑なに隠す光景をみた別の選手たちが結託し、タオルをむしりとると、そこにあったのはなんとも粗末な「それ」だったそう。

のちに大打者となった「小さい」男に、捕手が「お前は態度はでかいのにナニは小さいのう」と囁いたところ、顔を真っ赤にして怒ったらしい。
小さくても堂々としていればいじられることもなかっただろうが、頑として隠したことで逆に注目を引いてしまったよう。

実際、元大物プロ野球選手のようにスーパー銭湯などで下半身を隠す人はどのくらいるのだろうか。

no title


しらべぇ編集部の調査によると、「隠す」と答えた人は2割。どうやら圧倒的におっぴろげている人が多いよう。
少々、意外にも思える。自分の「モノ」に自信があるのかも。

では隠しているのがもっとも多いのはどの世代なのか。

no title


調査結果をみると、40代が3割でもっとも隠していることが判明。逆にもっとも隠さないのは20代だった。
イメージとしては若者世代のほうが出したがらないのではないかと思われたが、意外にも40代が露出拒否傾向にあった。
スーパー銭湯が身近になっている若者ほど気にせず出し、内風呂世代で銭湯もあまり身近ではなかった40代ほど隠したがる傾向があるのかも。

隠す人、おっぴろげる人。それぞれに意見を聞いてみた。

<隠す派>
「やっぱり出すのは抵抗があります。包茎ということもあるけど、なんか視線を感じる気がして…。
そっちの筋の人にジロジロ見られているのは嫌だし、つい隠してしまいますね。
タオルを巻いているとたまにへんなおっさんから『隠すなよ~』といわれることもあったりして。
スーパー銭湯は好きだけど、そういうことがあってからちょっと足が遠のいています」
(30代男性)

<隠さない派>
「とくに気にしません。理由は『大きい』からではなく、単純にわずらわしいから。
移動するのにいちいちタオルを股間に当ててたら面倒じゃないですか。
どうせ自分のことなんか誰も気にしていないし、見られたって減るもんじゃないですよ。男なら出しなさい」
(20代男性)

前を隠す、隠さないは個人の自由だが、おっぴろげている人間のほうが「男らしい」と思われるようだ。

http://sirabee.com/2016/07/25/144311/

【おまえら銭湯行ったとき下半身隠してる?】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/07/26(火)22:56:16 ID:5z4
2008年、世界のウェブブラウザ市場はInternet Explorerによって支配されていました。
モンゴルやフィンランド、ドイツ、ポーランドなど一部の地域ではFirefoxが多く使用されていたようですが、
その数は2桁に届くか届かないかのギリギリのラインでした。
no title


しかし、翌年の2009年にロシアとその近郊でOperaがその勢力を伸ばし始めます。
no title


2010年、そのOperaの人気をそっくりそのままFirefoxが奪うような形でシェアを伸ばしました。
no title


2011年には南米のチリやアルゼンチンでGoogleのChromeが流行しはじめ……
no title


2012年には南米をほぼ制覇し、ロシアや中東でもシェアを広げます。
ここで注目すべきなのがFirefox陣営で、2008年にはアフリカ大陸でわずか1国のシェアだったところを、4年間でアフリカ全土にそのシェアを拡大しています。
no title


しかし2013年に入ると地道に拡大していたアフリカでのシェアをChromeに奪われます。
2013年時点でのChromeの伸びは驚異的で、世界地図の半分以上が黄色に染まっています。
no title


2014年になるとInternet Explorerはほとんどの地域でナンバーワンの座を奪われています。
そしてこの段階でなぜかグリーンランドでのシェアをSafariに奪われています。
no title


そして2015年の時点ではこう。世界中で目まぐるしくウェブブラウザの市場シェアトップの座が入れ替わりまくる中、
日本では2008年から2015年までの8年間変わらずInternet Explorerがシェアトップの座を確保し続けているのも特徴的です。
no title


http://gigazine.net/news/20160726-web-browser-popularity/

【ウェブブラウザの栄枯盛衰が一発でわかるグラフ】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/07/27(水) 09:13:50.908 ID:RJvlXqJj0
日本人「ほえ~?」
アメリカ人「鯨のインテリジェンスはヒューマン換算でセブン歳に匹敵。Youは海で泳いでるセブン歳のチルドレンをイートできるかい??」
ジャップ「できないっ...!」
横で見ていたワイ「はい、即座敗北ジャップップー(クスクスクスww)」

ローンパッパローンパッパ~♪夢のロンパッパロンパー♪(ジャパネットタカタ風)

【日本人「鯨食べてもイイじゃん!」←アメリカ人「じゃあ海で泳いでる7歳の子供食べるつもりなの???」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/07/27(水) 11:05:48.717 ID:PpjaOLGTM
どんなジャンルでも初めてのゲームでもちょっとやればすぐそこそこの腕前になる
でもそこそこ止まりでそれ以上はなかなか伸びない
スタートダッシュはクソ早いのに最高速度は平均みたいな感じ俺以外にいる?

【どんなゲームでも上達するのがめちゃくちゃ早いんだが】の続きを読む

このページのトップヘ